ブログ

中央公民館

🔔平和の鐘が鳴る日

本日、8月9日は長崎原爆忌です。
中央公民館隣の末広中央公園では11時02分から黙とうと、平和の鐘が打鐘されました。


11時02分、鐘が鳴らされ、黙とうが捧げられました。


近くでは噴水で遊ぶ子どもたちの楽しそうな声が響き、
公園に遊びに来られた親子が休日のゆったりとした時間を過ごしています。
参加者が鐘を鳴らすのを聴きながら、戦時中の宝塚はどんな様子だったのだろうと考えていました。

宝塚も戦時中は空襲を受け、当時の宝塚歌劇団の団員さんにも犠牲者が出たそうです。
また、宝塚に住んでいた手塚治虫も戦時中、終戦の日を回想しエッセイや漫画を多くかいています。

戦後75年。町並みは綺麗になり、道路は舗装され新しい建物が立ち並んでいます。
当時の写真、映像、慰霊碑などでしか「戦争」を知ることが出来なくなりつつあります。
これからの世界は、この平和の鐘の音が「戦争」を知る手段となれば良いと思います。

いつまでもこの平和の鐘が鳴りひびく世界でありますように…

🕊「平和」みる・きく・伝える展 開催中!

本日より、中央公民館にて、【「平和」みる・きく・伝える展】が開催されています。
西公民館、東公民館でも同時開催中です。

中央公民館での展示場所は1階ホワイエと1階西出入口側廊下となっております。
どなたでも、無料でご覧頂ける展示です。
広島平和記念資料館所蔵の、子どもたちが描いた平和ポスターの展示の他、
広島の原爆資料映像として「ヒロシマの記憶」を終日上映しています。

展示期間:2020年8月6日(木)~2020年8月16日(日)

 
中央公民館1階の西出入口に続く廊下では『原爆と人間』のパネル展示を行っています。

 

目を背けたくなるような痛ましい資料も多いのですが、小学生の方から見て頂けるやさしい展示となっています。
戦争の記憶、当時の状況を口承して下さる方も次第に少なくなっている中、
映像や資料、写真、当時の記事などからどれだけの情報を受け取り、想像し、考えることが出来るのか。
戦争を知らない世代が大多数を占める世界の課題だと思います。

今年も、【「平和」みる・きく・伝える展】、原爆忌、終戦記念日を通じて
この世界の平和のこと、人間の生き方を考える時間をもつきっかけにして頂ければと思います。

また、中央公民館となりの末広中央公園内の「平和の鐘」が下記日時、平和の黙とうと共に打鐘されます。

平和の黙とうと「平和の鐘」打鐘
日時 広島原爆忌  8月6日(木) 8:15~9:00
長崎原爆忌  8月9日(日) 11:02~12:02
終戦記念日  8月15日(土) 11:00~12:00
国際平和デー 9月21日(月・祝) 12:00~12:45
場所 末広中央公園 平和の鐘付近
詳しくはこちら

皆様のご来館をお待ちしております

夏の風物詩『つりしのぶ』をつくる

ようやく長かった梅雨があけ、本格的な夏がやってきました。
毎日じりじりと照り付ける太陽に溶けそうです。

そんな暑い夏、少しでも『涼』を感じることが出来る夏の風物詩、『つりしのぶ』をご存じですか?
宝塚の西谷地区はこのつりしのぶの産地として有名なのです!

『つりしのぶ園』で製作体験をしてまいりました。

つりしのぶ園のビニールハウスでは5000個ものつりしのぶが栽培されています。
しのぶが根付くまで時間がかかるため、丹精込めてゆっくり作られているそうです。

 

お庭や、軒下等に吊り下げて、芽が出てくるのを待つ楽しみが出来ます
今回は、このつりしのぶを自分の手で作る講座の開催が決定しました!

宝塚市立中央公民館にて開催『つりしのぶをつくる』

開催日時:2020年8月22日(土)13:30~15:00
開催場所:宝塚市立中央公民館 学習室

手作りしたつりしのぶは完成品を購入するよりも愛着が沸いてきます♪
今年の夏の思い出にしてくださいね。
参加申込は2020年8月3日(月)10時からとなっております。
先着順での受付で、非常に人気の講座ですのでお早めにどうぞ。

つりしのぶをつくる動画もご用意しました。
参加が難しい方もこの動画で雰囲気を楽しんで頂ければと思います

 
 

アートに触れる【宝塚市立文化芸術センター】

今年6月にオープンした、宝塚市立文化芸術センターに行ってきました!
1階のフリーギャラリーではウィルキンソンタンサンの特別展示、
2階の展示スペースでは「宝塚の祝祭 Ⅰ」が開催されています。
現在、入館が予約制になっている為、館内はほぼ貸し切り状態で心行くまでアートに触れることができます

 

 

1階のフリースペースは全面ガラス張りでとても開放的です。
元々宝塚ガーデンフィールズがあった場所という事もあり、目に映る緑が爽やかで癒しの空間でした。

現在はフリースペースの一部が制作スペースとなっており、
大阪市立大学のメンバーさんが館模型の制作作業をされています。

2階と1階を結ぶ階段は迫力のあるステンドグラスが鮮やかに彩っています。
天気の良い日はステンドグラスの青が綺麗に映え、やさしい光を通していました。

階段を降りると、キューブホールにて期間限定で催されている
体験型アート・LUMENの強大な四角の展示空間が見えます。

こちらでは、全面ガラス張りの空間で幻想的な映像体験が出来ます。
真っ暗な視界の中、万華鏡のように映し出される映像を見ていると、自分がどこに立っているのかが曖昧になり、浮遊しているかのような錯覚に陥りますね…
『LUMEN』は会期が8月4日までとなります。

宝塚に新しくできた芸術スポットを是非体験してみてください!

現在、宝塚市立文化芸術センターの入館は予約制となっています。
事前にお電話でご予約されてからの来館をおすすめします。
宝塚市立文化芸術センターの公式ホームページはこちら

宝塚ダリア園に行ってきました!

雨続きの宝塚でしたが、今日は久々に梅雨の晴れ間から太陽が覗きましたね^^
せっかくの良いお天気でしたので、7月11日からオープンした宝塚ダリア園に行ってきました!

今年も大輪のダリアが咲いていました🌼
ダリアの魅力はやはり豊富な色、形による沢山の品種でしょうか
見た目もゴージャスで、ナポレオン一世の妃ジョゼフィーヌがこよなく愛した花だそうです。

是非、今が旬の上佐曽利、宝塚ダリア園に行ってみて下さいね

pagetop